専業主婦 債務整理 増えている 現状

専業主婦の債務整理が増えている現状

収入がない専業主婦にとっては、カードローンや消費者金融の利用はありがたいこともあります。
消費者金融などの借入目的が、自分のためではなく家計の足しだったり、急な出費である場合も少なくありません。
専業主婦の役目としては、自分のお金ではなく、家族のためであり、できれば配偶者の同意の元、計画的な使い方をすることが理想です。

 

返って、仕事をしている主婦の場合、返済が自分のお金から行うことができます。
そして、自分のための消費者金融利用ができます。
こちらの方が自由度も大きいですが、利用額も多くなってしまうようです。
ですから、案外と専業主婦の方が使い方は上手との見方もありますが、このような区分は偏見かもしれません。

 

債務整理をする方の中で、主婦が増加しているというデータがあります。
もともと収入が少ない方、専業主婦の場合は利用限度額も低いのですが、借りて返済が終わらないうちに次の借入を繰り返していると、利息だけで利用限度額以上の返済になってしまいます。
その返済をするためにまた借りると言った、同じカードローン内で多重債務になっているケースもあります。

 

総量規制などがない分、借り過ぎはしないと思われるのですが、上記の用な借り方をしてしまうと、専業主婦だって債務整理をしなくてはならない事態に陥ります。