主婦 キャッシング 出来る時代

主婦もキャッシングができる時代になりました

一時期総量規制の関係から、主婦のキャッシングなどが以前より難しくなりました。
特に収入のない専業主婦は、配偶者の所得証明がなければ、消費者金融の利用、カードローンそのものも作れなかったのです。
収入がない=返済ができないと考えるのは当然のことですが、最近ではその規制もゆるくなって、専業主婦OKのカードローンも登場しています。
同様の理由から、アルバイトやパートの方も、カードローンを作りやすくなっていますし、消費者金融も利用可能になりました。

 

大手銀行、ネット銀行などが主婦を対象としてカードローンを出していますが、いずれも利用限度額が50万円以下になっています。
配偶者の所得証明書提出で、ある程度の上限もありますが、配偶者の利用と合算されることになりますから、あまり多くの限度額はないと思って良いでしょう。

 

しかし、これで主婦でも消費者金融などでキャッシングができるのは確かです。
専業主婦の場合は、返済が配偶者の所得からということになりますから、問題のない程度の利用が好ましいです。
パートやアルバイトの方でも計画的なカードローンの使い方ができるようになり、ある意味では良いことです。

 

一方で、債務整理をする方の中で、専業主婦などが増加している傾向にあります。
それも配偶者に内緒で行うことで、借金問題だけではなく夫婦関係まで問題が大きくなることもあるというのが現状です。
計画的な利用をしましょう。